スケートボード用品が一斉値上げ?原油高騰と円安が原因に。来年春から全メーカー値上げか?


オリンピックで一躍火がついたスケートボード人気。

お互いをたたえ合うスポーツマンシップ溢れるスケートボードという遊びを始める人は増え、プレイヤーの人口は例年の1.5倍を上回っています。

そんな人気のスケートボードのデッキやパーツが大きく値上がりする噂が…

スケボー用品が一斉値上げの噂?時期は?原因は?

スケーターの一番の出費は磨耗したデッキの交換や、ウィールというウレタン製の車輪の交換。
車のシャーシに当たるトラックという金属の骨組みの交換と、スケートボードという遊びを続けるにはなかなかの出費。

デッキは11000円前後。ウィールは4000円前後と意外に値が張るもの。

そのスケートボードに欠かせないアイテムが軒並み値上がりする噂があります。

原因は「ウッドショック」

建築用木材の価格高騰が続き、市場に混乱を招いたウッドショックは木を原材料とするスケボーデッキにも影響が及んでいるのです。

米国からの輸入価格が、2021年9月には、前年末比2.75倍に達しさらには為替の変動も影響。

そのため各メーカーのデッキ販売価格も1000円前後値上がりする模様。

デッキ価格高騰の時期は明かされていないものの、金欠スケーターは年内にデッキを買いあさっておく必要がありそうだ。

コロナウィルスで供給減の過去も?

2020年はコロナウィルスの蔓延でスケボー用品が枯渇。

SpitfireやREAL、ANTI HEROなどを製作するDeluxe Distributionが工場を閉鎖。
日本にまでアイテムが回ってこない未曾有のスケボー不足が発生しました。

今のウッドショックの現状で、コロナウィルスの再蔓延なんてことが起きたら…
なんてこと考えたくありませんね。

ライター【スニッカー北村】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です